2013年

2月

23日

耐震診断拒否は罰金!?

新聞記事 東奥日報 2013/02.23

ご商売をされているお客様に関わりがありそうなネタがありました。

この度、国土交通省が今国会に提出する「耐震改修促進法」改正案によるところですが要約すると1981年以降に建てられた大型の建物は耐震診断を義務化し、診断拒否や虚偽報告の者には100万円以下の罰金を処するものがあります。

 

一般の方々の事を考えると既存建築物の安心確保をする事はとても大切であると思います。ただし、この不景気ですがどこまで対応できる方々がおられるものか心配でなりません。耐震診断及びその結果で対策を設計し工事を行う事すべてが大変な仕事です。そのぶん大きな工事費も必要なのです。 

何がともあれ、景気も回復し投資しやすい時代がくれば良いと思うのですが・・・日本はもっとメンテナンスの事を深く考えておくべきでしたね(T_T;

 

0 コメント